So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

SAS:『ベタ打ちでデータセットを作成する』 [SAS]

data test;
 input name $ age;
/*cards4;*/
/*cards*/
/*datalines4*/

datalines;
John +35
Max 21
Eve -94

;
/*;;;;*/
run;

【結果】
name age
John 35
Max 21
Eve -94



【解説】
作成するプログラムのテストのために、簡単なデータセットがほしい場合に用いる。

① inputで変数を順に指定しておき、

② datelinesでデータ入力の開始を宣言する。

③ datelinesとセミコロン(;)の間に、inputで指定した変数順にデータを記す。

 デフォルトで半角スペースが区切り文字となっているので、
 各値の間をスペースで区切る。

 複数OBSを作る場合は改行する。

 datelines中身の最初(左端)にスペースやタブを入れると、
 それもデータに反映されてしまう。



ちなみに。。。

 指定した変数数以上に記述すると無視される。

 数値変数指定なのに文字が入っていると欠損値となる(上記例は±記号なのでOK)。

 datelinesはcardsでもよい(違いは不明)。
 値にセミコロン(;)を入れたい場合はdateline4またはcards4を用いる。
 このとき、データ記述を終了する場合はセミコロン4つ(;;;;)を記す。



統計を知らない人のためのSAS入門 −Ver.9.3対応版−

統計を知らない人のためのSAS入門 −Ver.9.3対応版−

  • 作者: 大橋 渉
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2012/11/21
  • メディア: 単行本


M555b (Bluetooth マウス) [PC関連]

  DSC00082.JPG


愛用機は初代MacBookAir

周囲にMac機があるので、使い慣れようと、中古購入して1年になりました。
HDDは80GB。ブートキャンプでWindows7を入れているのでキツキツです。

なぜAirなのか(別に格好つけている訳ではないといういい訳)。
 ・どこでも使える
 ・Excelを使う
ということで、適切な重量と画面サイズを考慮すると、13インチ程度か妥当。
 ・そこそこのスペック(Core2とかがいい)
となると、Let'sNoteかMacBook Airかということになりました。

以下、両者の比較(欠点は対象PC利点の逆)
【Let'sNoteの利点】
 ・スペックが高い物がある。
 ・種類が豊富。
 ・CD/DVDドライブがある。
【MacBook Airの利点】
 ・デザインが良い。
 ・BootCampができる。
 ・トラックパッドやキーボードが使いやすい。

WindowsだけでなくMacOSも使えた方がいろいろと有利と思い、
…やはり格好良いのでAirの購入を決めました。

で、しばらく使ってトラックパッドの使い易さに感動していました。
ただ、BootCampで入れたWindowsに関しては、2本指ジェスチャーなどの対応がまだイマイチ。
Excel等では横スクロールができません(メモ帳はできた)。

横スクロールしたい!たまに右ドラックしたい!
なのでマウスが欲しい!

しばらくいろいろ見ていたのですが、今回、欲しかったLogicool Bluetooth Mouse M555bが易くなっていたので購入を決定しました。クリスマスでした。

まず、愛機AirにはUSBポートが1つしかありません。
Bluetooth内蔵なので、Bluetoothマウスの選定となります。
左でマウスを使うこともあるので、シンメトリーなデザインでピックアップしています。

購入候補だったのは、
・レビューでも高評価、マイクロソフト社製
  ブルートゥース レーザー マウス Blutooth Notebook Mouse 5000
     
ボタンも多く、パワーポイントの制御がしやすい。
そしてレーザーポインターもついている様で。プレゼンで使用するにはもってこいですね。
難点を上げるとしたら、デザインがスポーツシューズみたい…。

・Apple純正、話題の Magic Mouse
     
 Magic Mouseに関しては、一般的なマウスの形状に比べ、薄い(低い)ため、使用感の評価が真っ二つに分かれるみたい。重量も重く、何より高価。ということで購入はギャンブル要素を孕みます。
友人が所有していた物を使ってみたけど、滑りも悪くやはり重い感じ。
マウス自体にトラックパッドがついている訳だが、これはデスクトップPC用なんだなと理解しました。
故に却下。

・そして今回購入したLogicool社製 M555b
     
そもそもLogicool社製のBluetoothマウスは種類が少なく、ほぼM555b一択です。ただ、ちまたのレビューを見ても高評価で、Macとの相性も心配ないことが購入の決め手となりました。
デザインもいい感じ。
ちなみに、M555bはアマゾンが一番安いです。価格.comの最低額やオークションより安かった。



さて、使用感です。

単三電池2本使用でそこそこの重さ(これは上記どれを選んでも一緒)。iphoneくらいでしょうか。
フィット感も滑りも良いので問題なし!

そして特筆すべきはホイールです。
段階的にカタカタと回るモードと、無抵抗に回るモードとを切り替えられます。
ホイールを押し込むと、カチッと音がして切り替わります。
デコピンするように弾くと、シャーーッと心地よく回り続けます。
エクセルの上下セルの移動が面白い。
おそらく段階のあるモードはハード的に抵抗をかけているだけなので、「一段階回したらどの程度画面が移動されるか」はある程度誤差を含んでいる感じがする。

さらに、左右ホイールと中央ボタンの機能をアプリケーション別に設定できます。
デフォルトでは中央ボタンはアプリケーションスイッチャー。
私はインターネットブラウザや、エクスプローラで、左右ホイールに「進む」「戻る」機能を割り当てました。
ちなみに、ケースや袋は付属してない(今時珍しく電池は付いてる)ので、布の端切れで自作しました。

これで作業が促進されるハズ!!


- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。